スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜかウルウル

天津に出張時、部屋にテレビはありません。
あっても聴力も字幕の読力も無いんですがね(汗)

そんな訳で、秋の夜長を中国検索サイトの 百度 でさまよって出くわしたのが、この曲。

杨丞琳yang2cheng2lin2 の 左边zuo3bian1
どんと来い、中国語 さんにてピンイン変換してみました。
動画リンクなので携帯で閲覧している人は無理かも?

例によって、へんはおの語学力では意味が理解出来ません。
しかしナゼかウルウルしてきちゃうのです。
最初の部分を聞いただけでピンと来てお気に入りになりました。
言葉は解らなくても、すごく声の響きが心地よくて曲にピッタリで惚れちゃいました。♪


2年前の出張時にウチの会社の飲み会で工場長の張さんが歌ったこの歌
毛寧, 楊玉瑩 mao2ning2. yang2yu4ying2 の 心雨 xin1yu3



ディユエット曲なんですが、張さん一人で歌っていました。(汗)
この曲は相当古くて懐メロのジャンルらしいですが、へんはおはハマリました。
へんはおも2年の年月をかけて覚えたので (遅過ぎっ)、
次回の出張時は張さんとオッサン2人でのデュエットを計画しています。(爆)

ちょっと しみじみ来た人は
   ↓ ↓ ↓ を プチッ と 1票 入れてくれると嬉しいなぁ ♪
FC2 Blog Ranking 
コメント

この歌、歌ってみれば

彩雲追月と題する歌があります。元は広東語の歌なのですが、中国人なら皆知っていますよ。以下のyou Tubeでもご参考に
http://tw.you tube.com/watch?V=C9qj6XjqhpE&feature=related.
この歌30年位前に福建省の福建前線放送局から台湾向けの謀略放送のテーマソングでこのメロディーが毎日流れていました。小生蒲団の中で毎日こっそり聞いておりました。わが青春の一曲ともいえる曲です。カラオケにも中国版があるので歌うと皆びっくりするよ。
こっそり練習してね。この歌「南の花嫁さん」の題名で日本でパクッ歌っていました。中国語の歌詞は泣けるよ。

続 皮蛋について「追記」

追伸
とんじい様のコメントに皮蛋のこと書いていますね。
それって白身の部分が黄土色で、黄身がどろどろの硫化水素かドブのにおいのするやつでしたか?それはまともなところで生産したなら、重金属の話は置いておくとして、黄金皮蛋と呼ばれる高級な食材ですよ。値段もかなりします。その料理人は、よい店を知っていそうな気がします。日本ではまず食せません。黄身がどろどろなのを軟芯と呼び、硬いのを硬芯と呼んでいますが、日本では前者は気持ち悪がられて、ほとんど輸入されていません。本来の皮蛋は軟芯を食するのがよいとされています。潜伏中の副作用は別にして良き食材に恵まれていると思います。やはり、会社関係で派遣されている方は、恵まれていますね。生の唐辛子を刻んで醤油をたらして、ご飯に掛けて食べたり、味の素をご飯に振り掛けて食べたり、バナナ1房とヤクルトで1週間過ごしたことのある小生からみれば、まるで天国ですよ。もう今ではとてもじゃないけど、できませんけどね。

あなたはナニ人?

v-15黒鬼子
あなたは中国人ですか?
でも食事の苦労話を読んで見ると、そうでもないみたいですし・・・
すごい知識が豊富ですね。全てのジャンルに於いて・・・不思議なお方ですね。(爆)
「心雨」 いい歌ですよね。
言葉の意味は解らなくても、なんかジィ~ンときました。
あす会社の忘年会なので2次会で曲があったらサプライズしようかなぁ(爆)
>ドブのにおいのする ”とろぉ~りピータン”
まさにその通り!
http://taabou.exblog.jp/1672245/
”副作用”を加味しなくても、もう食べなくても良い一品です(汗)
今後も、どしどしコメントください。 お待ちしております。

この歌いいですよねー。
うちのマンション「Vチャンネル」という音楽専門番組が見れるんですが
そこで一時期よく流れてて聞いてました。
アタシはJay Chouの「霍元甲」を聞くと「うわーっ!やるぞーっ」って
どこからともなくやる気がわいてくるので、好きです。
今でもたまに、やる気が起きなくてぼやーっとしてる時に聞いたりします。

Vチャンネル

v-15まるこ
いいですねぇ TVのある生活。
へんはおは日本でもTVを垂れ流しにしたままネットして、時々ちらっとTV見るのが大好きです。
NHK「テレビで中国語」を見るときだけ、みんなが寝静まってから一人で集中して見ます。
なぜ寝静まってから かって?
起きている時に映すと、ブーイングの嵐のためです(爆)

RE:小生の国籍について

小生は小倉生まれの響灘育ち(小倉には玄海灘はありません)の純粋の日本人であります。
今から35年ほど前に間違って中国語なぞを勉強したのが、今も祟って足を洗えなくなっております。小さな貿易会社に勤めたり、化学工場にいたり、はたまたとび職の真似事をしたり、最先端技術の開発研究の手助けをしたりしておりました。30年ほど前は、中国大陸本土への留学がかなり困難でしたので、台湾の某大学(その名称の故に日本人は、ほとんどいない)の大学院に入っていました。
現在は中国語を使って某機関で雇われ通訳をしています。過去に色々な経験をしました。台湾では外省人、本土では華僑に成りすまし、色々なことを学習させてもらいました。とてもじゃないけど、誰も信用してくれないような経験や話が沢山あります。貴兄も、もうこの中華世界というワンダーランドに足を踏み入れたからには、もはや引き返すことは不可能かと思われます。これからもっと深みに嵌りましょう。起死回生の特効薬はありません。このようなBlogを創めてしまったことが完全に中毒症状の始まりです。お~怖いですね。
俺はもう死んでいるよ、中華世界の毒にあたって。南無阿弥陀仏!

さすが、たたき上げなのですね

新参者のへんはおとしては大変恐縮です。
ウチの会社も、天津の別の工場の車2台分の車庫に間借りさせてもらい、日本から機械を2台持ち込んで、いきなり24時間操業で仕事を始めました。
なんの中国語の準備も無いままに、いきなり中国と言うすごい所に放り込まれ、すごいカルチャーショックでした。
その時は、中国の内情も全く知らないまま行ったので「すごい」とは思わずに「なんとかなるだろう」くらいに思っていましたが、常識的にやっていても なんとかならない 壁にぶち当たりました。
過去のブログで 「もうこの国の話題はいいや」 と思ったんですが、突如また中国病の発作が出てしまいました。
病状が治まるまでブログは続くと思います。
今後とも末永くお付き合いお願いします。<(_ _)>

実は好きでした!

こんにちは!
いや~
いいですね!楊玉瑩!懐かしいです!
始めて、天津の日本人向けのクラブに行ったとき、彼女の
カラオケビデオ(VCDですか当時は)を、見てから気に入りまして。
VCDやCDを買って帰ったこと、思い出しました。
私も、本当にたまに歌いますよ「心雨」!

実はハムが好きだったのかと思いました(爆)

tomusuge
>心雨
いいですよねぇ メロディーも好きですが ” 楊玉瑩 ” の透き通るような声がきれいですよね。
PS 過去ネタのほうが面白いものが多いかも知れないので、暇を見つけてどんどんほじくり返して下さい。(笑)

読ませてもらってますよ!

以前のブログも読んでますよ!
うんうんとウナズキながら、読んでます!
コメントもさせてもらいます!

>読ませてもらってますよ!

tomusuge
催促させちゃったみたいですね。(汗)
ベタなネタばかりですが更新が滞った時にでもゼヒ。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。