スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかり乗ってしまったものは。。。

王府井ネタ最終章! ってことで。

毛沢山サマのネタに便乗いたしました。


今年の4月

王府井で1日半、ふらふら遊んだ日曜日の昼下がり、、、

我らは解散・・・



シャチョーサンと営業君は帰国のため北京空港へ。。。


私は一人寂しく天津へ。

しかも、市内から高速で1時間もかかる海っぺたの寂しい開発区。




まずは地下鉄で、王府井駅から帰路天津へ
P1050601_s.jpg


天安門駅経由で、新幹線駅へ。
P1050602_s.jpg

え~っと、この辺で乗り換えだったな。
お~あったあった、「北京南駅」
P1050603_s.jpg



1年ぶりに地下鉄に乗ったのでちょっと不安でしたが、

なんとか ニセもの 新幹線駅に着きました。
P1050605_s.jpg


1日に何本も無い、開発区方面の「塘沽」までの切符を買おうと思ったのに、売り切れ。

仕方が無いので1時間おきにある天津駅までの切符をゲット。
P1050606_s.jpg
そして、330kmの猛スピードで30分。

あっという間に天津駅へ。



そして高速バスに乗り込む。

30分も待って並んだのに1本目のバスに乗り切れず、その次のバスにやっとの事で乗り込みセーフ!
P1050610_s.jpg

みんなが座席に座ったら、

通路に折りたたみ椅子が次々と設置され、

車掌が呼び込み開始!
P1050611_s.jpg
ココに座る人は、30分も待たなくてもすぐに乗れます。

いつもせっかちな人民と思われがちですが、こんな所に座るぐらいなら、もう1本次のバスでちゃんと座れるシートのバスに乗る人民がほとんどです。


料金割引あるのかなぁ?


ってか、

高速に乗るのに、

こんな椅子じゃぁ

運転手に急ブレーキ踏まれたら、

吹っ飛ばされるじゃねぇかよ!


ねぇ。


テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

遠足。

小学校の頃遠足で、バスの補助席に座らされてた子が居ました。
あれってちょっと悲しいですよね。
あ、それ、、、
何を隠そう私のコトです。
辛い過去を思い出しましちゃいました(号泣)

>遠足

Qぴサマ
子供のころの思い出ってイヤなモノほど良く覚えているものですよね。
私も小学生低学年の頃、兄に 「こえ樽」 = (ぼっとん便所の 「う○こ」 を汲み取って運ぶタル) の中に入れられて転がされ、その時できた頭の ハゲ が今でもしっかり残っており、一生忘れることができません。(爆)

日本じゃ無理だがや~

日本じゃこの椅子に座って高速は走れないが、人の命が安いとこは、こんなものでしょう。それを覚悟で住まなければいけません。急ブレーキかけて、人が空中遊泳するとこなぞは、なかなか見れません。
その際は、しっかりレポートして下さい。待ってます。外出の際のカメラは即応体制にしておかなくてはなりません。私には、とてもできません。痛いのと怖いのは大嫌いですから。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

>日本じゃ無理だがや~

黒鬼子
お久しぶりです。
この画像も、ファインダーをのぞかず脇の下の隙間から、勘でアングルを決めてタイマーで撮影しました。
ほとんど○撮状態です。(爆)
普段の散歩も、シャッターボタンに指を掛けて歩いていますよ。(汗)

No title

お久しぶりです。
最近、中国への出張はないのですか?
ちょっと、寂しいです。

北京南駅への地下鉄、繋がったんですね。
凄いじゃないですか?
むっちゃ、便利になりましたね。

天津も、2年前とはずいぶん変わったようだし。
あぁ、懐かしい。
私も出張にいきたい~~。

超級好久不見ですね。

ポン酢
ども~
天津市内もどんどん地下鉄が延びているみたいで楽しみですね。
私は日本の本社で、「非常に妙な仕事」 をしており私の中国出張中に誰も嫌がって代理で仕事をしてくれないので日本の仕事がモロ溜まってしまうため留守できません。
よって、ネタが仕入れられず昔話になります。(哀)

さぞや楽しい会話が

こんにちは。
ちと遅れてしまいましたが、久しぶりのコメです。
駅名標識に路線図。
なんだか、私のブログを観ているみたいで楽しいです(笑)。
皆さんでどんなお話しをされているのでしょうか??

>さぞや楽しい会話が

水瓶座
お昼までは彼らがいましたので日本語の会話できましたが、それからは一人ぼっちで話す相手もいないので、とっとと天津に帰りました。
バスの中は、例によってムンムン臭臭でしたよ。(爆)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。