ベタなネタでスイマセン。。。

前回のネタに引き続き、北京特集です。


ま新しいネタは無いですので、適当に流して見てください。(笑)


万里の長城から戻ってきて、まずはホテルにチェックイン。

天安門の裏のほうにあるホテル通り。
P1050530_s.jpg
カメラの露出いじって忘れていて撮影し、失敗しました。(汗)

ココを後方へ5分ほど歩くと、王府井に辿りつく中心街なのに。。。

この閑静なたたずまいは、やはり北京の味わいですかね。

ホテルの外観も街路樹に同化してしまうほど目立たないもので、街の風景を乱しません。

景色に見とれてしまい、大事な写真を撮り忘れました。(汗)


夕食までヒマなので、ホテルの裏側の故宮天安門までプラプラ散歩で行きつつ、

つい、観光用バス?でラクチンラクチン。(笑)
P1050456_s.jpg


おっ、外堀の向こう側で、何か撮影部隊がっ!

モデルのようですが、素人もコレくらいのデーハーな衣装での撮影は

この国ではフツーなのですよね。
P1050457_s.jpg

入場券を買って故宮へ入るかと思えば、んん? 
コレはちょっと違うなぁ?
P1050463_s_20100602225727.jpg

コレは、あの天安門に上がるための入場券だった。
P1050468_s.jpg


階段をトコトコと上っていったその先には、
P1050462_s.jpg


おぉ~ なんかテレビで見たような風景。。。
こんな展望台みたいなトコがある事をはじめて知りました。
P1050464_s.jpg
ココに○○のお偉いさんが威張って仁王立ちしているところをテレビで見たことがあります。

しかし、夕方5時も過ぎているのにナンダこの観光客の多さは!

あっ、オレもそのうちの一人だった。(爆)


そして下界に降り、広場の方へ。

この赤い旗、いつ降ろすんかいなぁ?
P1050470_s.jpg

社長が一言、

おい!わんばぁだん君、あそこのいる公○に、何時に国旗を降ろすか聞いて来い!

いっつもこんな役・・・ 

でも、私のインチキ中国語でも通じました。

社長! 夜7時に国旗降ろすそうです。

帰ろう! (爆)
P1050469_s.jpg


そして、夜9時ごろになって舞い戻ったら、

なんとっ!

こんなライトアップサービスをやっているんですね。

走っているタクシーの窓から撮ったワリには、よく撮れました。
P1050519_s.jpg


そして、良い子はまっすぐホテルに帰って、オヤスミです。

ホテルは一部屋単位の価格なので、2人で泊まっても価格の変動は有りません。


そして、営業君と2人で泊まった部屋は、








ベッド、 狭っ!!

そして、バックの透かした照明はナニ?

P1050529_s.jpg


しかし、前日徹夜で、一睡もしていませんでしたので、2人とも何のためらいも無く

即、爆睡したのは言うまでも有りません。(笑)


ホントに、何も無かったの??


 と、思った方は ↓ ↓ ↓ を ポチっと 1票 よろしくお願いします。(爆)
         





テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

コメント

写真撮るなら今のうち

北京あたりの古い町並みは軒並み破壊されています。
四合院は本当に少なくなって来ているみたいですね。
写真を撮るなら今がチャンスです。天津も旧租界のあたりも急速な開発が行われていることでしょう。
記録に残しましょう。
でもそのような場所は政府の人間が中国の恥部だと思っていたりして、外国人に写真を取られたくないと思っている節がありますので、撮影の際は御注意を! そのような場所は、例のパジャマ人間が多く生息しています。

No title

天安門、故宮は行きました!10年前に(笑)
あの~ホテルのベッドの赤いのマクラ?・・・ですか?

天安門♪

ライトアップされた天安門ほんとに
綺麗に撮れてますねe-420

確かにベッドは狭いけど・・・
きっとわんばぁだんさんは爆睡してると思うなぁ。

わんばぁだんさんのインチキ中国語は
すでに本物の中国語に近くなっているのでは??

じゃね~♪

v-504 黒鬼子
まだまだ古い町並みが残っているんでしょうね。 裏通りをプラプラしていると飽きません。
天津は泰達開発区と塘沽以外はほとんど出歩いたことがないので、実を言うと市内をほとんど知らないのですよ。
15年以上も天津市内を庭としているりゅうぞーサンに案内してもらわなきゃ。(笑)



v-504 りゅうぞー
なかなかイイまくらでしょ。♪
シンプルなモノトーンの内装のおしゃれなホテルでした。 野郎と2人で泊まるにはもったいないです。  1泊千元と高額でしたが、私はオマケ野郎なので宿泊費出費ゼロでした。(爆)



v-504 サラナンダ
夜景はきれいですね。 でも中国の夜は早い!
夜9時を過ぎると一般のお店はほとんど店じまいしてしまいます。  この国の人民は、早寝早起きなのです。
インチキ中国語は、通じる時と、まったく通じない時があります。(笑)

No title

かなり昔、天安門の上に上がった記憶があります。
今でも、チケット売ってるのですね。近くに售票処
あるのですか?

男性二人で、ダブルベッドは笑っちゃいますね。
こーゆー場合、男性一人は、ソファーか床で
寝るってものではないでしょーか(笑)。

ゼイタクは行っていられません。

v-504 うは 様 
天安門の中に入ってすぐ左にありましたが、ものすごい人だかりで、
なんの售票処かよく解りません。? 社長にチケット買っていただきました。(汗)
Wをツインに変更すると300元増しなんですよ!
もったいないし、ソファーは1人掛け2脚ですし。
ガマンしなくてはいけません。(爆)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する